ハウスクリーニングと
家事代行の違い

素人の掃除とプロの掃除の違い

掃除をプロにお願いしようと考えた時に思い浮かぶのは、家事代行とハウスクリーニングです。家事代行はあくまでも日常的な家事としての掃除を行うのに対して、ハウスクリーニングはプロの手によるもの。そのためより専門的な掃除がメインとなります。

家事代行は週1回など定期的な利用がオススメです。ほとんどの家事代行サービスは作業時間が決まっていて、その時間内でできることに限られます。ですから、汚れなどがひどくなってしまう前に定期的にお願いして、清潔な状態をキープすることが大切なのです。

対してハウスクリーニングは、依頼された場所を徹底的に掃除します。たとえば、季節の変わり目にエアコンを掃除したり、年に数回換気扇を掃除したり、といった時にオススメ。日常的な家事とは異なる、普段はなかなか掃除できない場所を掃除してくれます。

つまり、家事代行は日常的な家事を行ってもらうサービスで、ハウスクリーニングはプロの手による、年に一度の大掃除のような特別な掃除だと考えると分かりやすいでしょう。

日常的な掃除の家事代行と、大掃除のハウスクリーニング

家事代行をお願いすると、基本的に掃除に使う道具などを用意しておく必要があります。逆に言えば、その家にある道具や洗剤などを使って掃除をするのが家事代行サービスにおける掃除なのです。つまりあくまでも家事の代行であり、自分でもできることに料金を払って誰かにやってもらうサービスというわけです。

一方のハウスクリーニングは、掃除の専門家が専用の道具や特殊な洗剤などを使って行うサービスです。たとえばエアコンの掃除なら本体の内部を洗浄するための道具や洗剤などを用意して、経験豊富なプロが作業してくれます。家事代行のように時間制ではなく、依頼した場所はキレイになるまで徹底的に掃除してくれます。ですから、たとえば季節の変わり目や年に一度の大掃除の時など、普段は掃除できない場所をキレイに掃除してスッキリしたい、という時に利用するようにしましょう。

日常的な掃除と専門的な掃除を使い分ける

「独り暮らしだけど掃除をする暇がない」「夫婦共働きで掃除ができない」という人は多いでしょう。仕事で疲れて帰ってきた家が散らかっていると、くつろげるどころか余計に疲れてしまいますね。そんな時は、定期的に家事代行サービスをお願いして家をキレイにキープしてもらうようにしましょう。家事代行サービスの掃除は、基本的には自分でできるレベルの掃除に限られます。その掃除の手間と時間を、料金を払って買うのだと考えましょう。

一方、ハウスクリーニングはより専門的な掃除サービスになります。エアコンに溜まった汚れをキレイにしてくれたり、レンジフードの油汚れをキレイにしてくれたり、フローリングをピカピカに磨いてくれたり、浴室などのカビ汚れをキレイにしてくれたりなど、普段掃除できない場所をピンポイントで掃除してくれます。ですから、日常的な掃除というよりは、季節の変わり目や年末の大掃除など、ピンポイントで利用するのがオススメです。