依頼するときは、
事前見積りをもらうこと

料金がしっかりと記載されている

それでは、いざハウスクリーニングを依頼するとなると、どのような点に注意すればいいのでしょうか?

ハウスクリーニングというのは、家の広さやどの部分をクリーニングしてもらうかによって料金が大きく変わります。ですから、依頼する時にはまず事前の見積りが必須です。

実際に業者の人に来てもらうなどして、広さやどの部分をどのようにクリーニングするのかなどについて相談することができます。クリーニングのコースなどが用意されているところもありますので、場合によってはそれを利用したほうがおトクなことも。

要望を聞き取ったら、業者さんのほうで「見積書」を作って渡してくれるでしょう。基本的には、一度作った見積りよりも高くなることはありません。トータルでどのくらいの費用になるのか、きちんとチェックしたうえで依頼するようにしましょう。

クリーニング作業の内訳も確認する

見積書をもらったら、その内容についてもしっかりと確認しておきましょう。見積書には、利用料金以外にも、どのような作業をするのか、といった詳しい内訳が記載されているはずです。それが、きちんとお願いした内容と一致しているのか、余計な作業が追加されていないか、あるいは依頼したにも関わらず抜けている作業がないかなどについても確認しておきましょう。

コースなどで依頼をする場合は別ですが、作業する内容に応じて料金が変わるような依頼にも関わらず、「クリーニング一式」のようなざっくりとした書き方をしている場合は要注意です。これでは、どこをどのようにクリーニングするのか分かりません。

どのような作業を行い、一つひとつの作業料金がいくらなのかというのがなるべく詳しく書かれているほうが安心。後からトラブルにならないようにするためにも、なるべく詳細な作業内容が書かれている見積書を提示してくれる業者さんを選ぶようにしましょう。

キャンセルした場合の料金は?

共働き世帯の増加などにともなって、ハウスクリーニングを利用する家庭も増えています。そんな需要の増加にともなって、ハウスクリーニングなどのサービスを行う業者も増えており、サービス内容や料金などに関しても選択肢が増えています。ハウスクリーニングを利用するユーザーの側からすれば、選びやすくなっているといえるでしょう。

とはいえ、一度申し込んだサービスに関して日程の変更やキャンセルをする場合には注意が必要です。会社によって異なりますが、1週間前程度からキャンセル料金が発生するケースもあります。

もし日程やサービスの内容を変更するなら、なるべく早く連絡するのが大切。何日前からキャンセル料金が発生するのかは約款などに書かれているはずなので、慌てずにきちんとチェックしましょう。