エアコン洗浄スプレーを
お勧めしない理由

スプレーの薬剤がエアコンの内部に残ってしまう。

ハウスクリーニングのなかでも特に需要が高いのがエアコンのクリーニングです。夏と冬には活躍するエアコンですが、春や秋など使わない時期もあります。そのため、使い始める時にはどうしてもホコリやカビなどの状態が気になります。

最近は、ドラッグストアなどでいわゆるエアコン洗浄スプレーを手軽に買うことができるようになりました。それを使えば、なんとなく掃除できたような気になってしまうかもしれません。ところが、ハウスクリーニングのプロの視点からすると、いわゆるエアコン洗浄スプレーはあまりオススメできないのだそうです。その最大の理由が、スプレーの薬剤を全て排出することができず、一部がエアコンの内部に残ってしまうケースがあるからなのだそうです。

ここでは、エアコンの仕組みとエアコン洗浄スプレーのデメリットについて見ていくことにしましょう。

残った薬剤は、汚れやカビの栄養となってしまい、かえってカビが繁殖する原因

エアコンの掃除というとまず思い浮かぶのがフィルターです。しかし、実はフィルターだけでなく内部まで掃除する必要があります。フィルターは取り外して水洗いし、乾かせばオッケーですが、内部はそう簡単にはいきません。

そこで注目を集めているのがエアコン洗浄スプレーです。これは、エアコンの吸い込み口から吹きつけることで内部のフィンを掃除するというもの。この時、エアコンから排出される水で壁などを汚さないように壁や天井などをきちんと養生する必要があります。これだけでも実はなかなかの手間なのです。さらに、エアコン洗浄スプレーで掃除をした時の最大の問題は、スプレーの薬剤が全て外へ排出されず、一部がエアコンの内部に残ってしまうという点にあります。その残った薬剤がカビの原因となるなど、掃除をしたつもりがかえってエアコンを汚してしまう結果にもなりかねないのです。

完全に汚れを取るのは難しい

プロのハウスクリーニングは、エアコンの仕組みなどもきちんと理解したうえで、専門の薬剤をたっぷりと使い、高圧洗浄機などの専用の道具も使って洗浄し、汚れを全て排出します。ところが、エアコン洗浄スプレーの場合は、たとえ説明書どおりに使ったとしても、全ての汚れを取りきることはできません。しかも、薬剤の量が限られているため、汚れを全て排出することはできず、一部は内部に残ったままになってしまうのです。

エアコン洗浄スプレーはドラッグストアなどで手軽に購入できるので、自分でも簡単にエアコンの掃除ができると感じてしまうかもしれません。しかし、エアコンはその構造上たっぷりの薬剤をつかって洗浄しないと汚れが取れないばかりか、薬剤自体が中途半端に内部に残ってしまう可能性があります。これはやはり、プロにクリーニングを依頼したほうが確実にキレイになるといえるでしょう。